読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大ちがい展の"ちがい"が分かるブログ

2017/3/17(金)〜19(日)にアーツ千代田3331で開催されるイベント「大ちがい展」の公式ブログです。生活の中で見つけた様々な「ちがい」を紹介します。

キラキラは分けてもらえない(増田)

増田が個人的な日記を書く場として時々使わせていただきます。

恐縮ですが、本当に個人の日常の感情や気づきの記録になってしまう部分が多いと思います…。

 

f:id:oochigai:20170507195328j:plain

西荻窪ラヒのカレーランチ。1000円でカレーが2種選べる)

 

 

実家から一人暮らしの家に向かう電車に乗っている。

山手線に一歩乗り込んだ瞬間、身体中がやな感じにカーーッって熱くなって、ああもうだめだと思った。

 

今日は本当は、二子玉川で今日までやっていた、絵本とおはなし?おともだち?展に行こうとしていた。
これからの仕事で役立つのではないかと思ったからだ。

 

それも、結局行けなかった。
(余談だけど私は行きたいと思ったイベントに行かないという選択をすることはまずない。無理やりにでもつめこむ。
それでも今日は行けなかった。行かなかった)


今とこれからを考えるとつらくて絶望的で何もしたくない気持ちになってしまったからだ。

 

私は誰と一緒にいたいのか。
誰が自分を幸せにしてくれるのか。
その相手とはもう出会ってるんだろうか。

 

そういうことを考えると、仕事のために絵本とおともだち展に行くようなエネルギーがなくなってしまった。

 

結局、実家でお母さんが作ってくれた野菜カレーをつまみ食いして小学生のころから愛読している本を読み返して泣いたりしてすごした。
私はずっと小学生の価値観のままなのか。あのころ素敵と思ったことは、今の私にとっても最上級に素敵だ。

 

本当は、生活の充実やハッピー感は、誰かに求めるものではないということは分かっている。
自分個人の思いで、やりたいことをやりたいようにやっていると、自然と全てがええ感じにハッピーにまわって、気づくと自分の周りはキラキラ素敵な状態になっている。

 

キラキラは自分の中から湧き出るもので、人に分けてもらうものではない。

 


だから、自分の本当にやりたいことは何か考えて、その瞬間出した答えを形にするために必死こいて頑張ればいい話です。

 

やりたいことと、その手段に納得しきれてないから、彼氏とかお給料とか自分の感情とかそういう些細なことに目がいってどんどん自分本体の魅力がなくなっていく。

 


改めて、イシューからはじめようと考えた実家から一人暮らしの我が家までの数十分だった。